住宅サービスを受けることで効率的に住宅設計が行えます。

ポイント付与の違い

省エネ住宅ポイントを得るためには建築やリフォームなどで省エネ住宅にする必要があります。
省エネ住宅にするといってもその中で条件を満たさない限りは省エネ住宅ポイントの付与がされないので注意が必要です。
新築やリフォーム方法によって省エネ住宅ポイントの点数に違いがありますが、どの工事でも一戸につき30万から45万ポイントを獲得することができます。
45万ポイントの場合は省エネ住宅の工事をした後に追加で耐震改修などの工事をしたときに適用されます。
工事の仕方によってポイント付与に違いがあるので、工事をするときには事前に専門業者と確認をしておくと良いです。
省エネ住宅ポイントの配布制度はずっと行われていたわけではなく、一時的に廃止になって新制度として最近導入されました。
従来の制度と新制度では様々な面で大きく異なっており、付与の条件や省エネ住宅ポイントの利用に関して改正がされています。

従来の制度では省エネ住宅ポイントを全て利用することができずに、一部のポイントは復興支援などとして回されていました。
新制度になってからは省エネ住宅ポイントが全て自由に利用できるようになったので、以前よりも自由度が高くなったといえます。
また基本的には省エネ住宅にするため新築やリフォームをすることで付与対象になっていましたが、新制度では省エネ住宅に特化した建売住宅でもポイント付与の対象になっています。
省エネ住宅ポイントの貰える数も以前より多くなったため、工事を行なうことで多くのポイントが得られるようになりました。